PR

ガウディ展はどこでいつ開催するの?【2023年最新版】

ガウディ展はどこでいつ? エンタメ
記事内に広告が含まれています。

ガウディとサグラダファミリア展」の開催が発表されましたね。スペインの有名な観光地でもある「サグラダ・ファミリア」を設計したと言われるアントニ・ガウディさんの展覧会が開催されると話題になっています。

ガウディとサグラダファミリア展の開催地や開催期間について調べてみました。

ガウディ展はどこでいつ開催予定なのか

ガウディとサグラダファミリア展の開催地ですが、3カ所あると言われています。

まず1つ目の開催地は、

▼東京国立近代美術館
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3−1

2つ目、3つ目は東京国立近代美術館のスケジュール内にある会場から予想しました。

次に2つ目の開催予定地は、

▼滋賀県立美術館
〒520-2122 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740−1

3つ目の開催予定地は、

▼愛知県美術館
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目13−2

以上の3会場での開催予定です。

展示期間については、

・東京国立近代美術館:2023年6月13日(火)-9月10日(日)
・滋賀県立美術館:2023年9月末-12月初旬(仮)
・愛知県美術館:2023年12月中旬-2024年3月上旬(仮)

の展示予定です。

過去にガウディ展は開催されているの?

2023年開催のガウディとサグラダファミリア展と公式から発表がありましたが、過去に、ガウディに関する展示会は行われているのでしょうか?

過去には、2002年に「スペインのバルセロナ」で開催されていました。

この展覧会の内容は、ガウディの生誕150周年を記念して行われたものでした。ガウディの建築作品や絵画、模型などが展示されていました。

画像素材:snapmart

その他、国外のガウディに関する転移会の開催は、

・2007年には、米国のニューヨーク市にあるメトロポリタン美術館で、「ガウディ:創造の神秘」

・2013年には、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館で、「ガウディ:建築家と芸術家」

・2015年には、ロシアのモスクワで、「ガウディ:神秘の建築家」

以上の3カ所で行われていました。

画像素材:snapmart

また、国内でもガウディに関する展覧会が開催されたことがあります。例えば、2017年には「名古屋市美術館」でガウディに関する展覧会が開催されました。

「ガウディ展 – 現代建築の父」という展示が行われ、ガウディの建築哲学や技法について紹介されていました。

5年ぶりの開催ということで、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

ガウディとサグラダファミリア展の内容について

それでは、2023年のガウディとサグラダファミリア展では、どのような内容の展示会になるのでしょうか。

2023年のガウディとサグラダファミリア展では、

・ガウディの生涯や作品の制作過程
・サグラダファミリア教会の建築デザイン
・その他のガウディの代表作品
・ガウディの作品を理解するためのキーワード
・ガウディが受けた影響について

などが展示で紹介されます。

作品の展示だけではなく、「ガウディの作品を理解するためのキーワード」や「ガウディが受けた影響」について学べると、よりガウディさんや、サグラダファミリアの建築物への理解が深まりそうですね。

ガウディ展の情報収集おすすめ方法

2023年度の最新の「ガウディとサグラダファミリア展」の開催が、東京国立近代美術館の公式情報で発表されましたが、滋賀県会場と愛知県会場はまだ確定された訳ではありません。今後の新しい情報を知るためにはどんな手段があるでしょうか。

▼東京国立近代美術館の公式HPの年間スケジュール(2023年)/2023年度美術館展覧会スケジュール 

Page not found - 東京国立近代美術館

全ての大元の公式情報が掲載されています。

▼東京国立近代美術館の公式Twitter

https://twitter.com/MOMAT_museum?s=20

Twitterを利用されている方なら、この手段が通知設定も出来るのでおすすめです。

 

▼東京国立近代美術館の公式Facebook

https://www.facebook.com/momat.pr

Facebookを利用されている方も、フォローをしてHPを随時チェックしなくても、最新の情報を知る事ができます。

ガウディとサグラダファミリア展の開催地と期間まとめ

・ガウディとサグラダファミリア展は、東京都、滋賀県、愛知県の3カ所を順番に巡回しながら、2023年6月13日(火)〜2024年3月上旬(仮)まで行われる予定。

・ガウディに関する展示会は、過去に2002年にスペインのバルセロナで、2017年に名古屋で開催されていた。

・最新の情報は、東京国立近代美術館の公式HP、Twitter、Facebookから知る事ができる。

以上、2023年に開催される「ガウディとサグラダファミリア展」の開催地と期間についてまとめました。

国内では、2017年に名古屋県で開催された「ガウディ展 – 現代建築の父」以来、5年ぶりの開催ですね。スペインの素晴らしい建設物でもあるサグラダファミリアや、それを生み出したガウディさんについて学べるのはとても楽しみです。

コメント