今月の特集
若々しさの秘訣・元気でいるためのコツ、 冬のカサカサ・乾燥・むくみ…、
美しい肌の大敵とも言えるお悩みの数々。
お肌にとって過酷なこの季節だからこそ取り入れたい、
お肌を癒し、いたわるスキンケアと、体内からキレイになる美肌食。
ダブルの効果で、誰にも負けない美肌を手に入れようじゃありませんか!


""
"" 大丸福岡天神店の美容のプロが伝授します!
美肌力がつくスキンケア 
■取材協力/大丸福岡天神店 化粧品売場 ?092-712-8181(代表)
 クラランス、コスメデコルテ、スック、アントレ ホリスティックボーテ


外から内からキープしたい、オトナ・美肌
 ハリツヤ、潤い…肌トラブルが増えがちなこの季節だからこそ、手を抜けないスキンケア。
美容のプロがおススメするお手入れとは!?はたまた、食と美の関係とは…!?オトナ・美肌を目指して始めたい、基本テクニックをご紹介!
肌お手入れの基本は、優しく、優しく。
 顔印象が若々しく、健康的に見える最大のポイントは、"たるみのないフェイスライン"と"血色がよく明るいお肌"。 フェイスラインを引き締めるためには、顔の筋肉を鍛えるマッサージが効果的。ただし、肌表面を動かさないことが大前提なのだとか。強くこすったり、ひっぱたりすることは、シワやたるみの原因となり逆効果。 あくまで、優しく、優しくが鉄則。これは、クレンジングの際も同様。お肌に愛情を注ぐような気持ちでお手入れを。
 今回は、百貨店の美容のプロに、それぞれのスキンケアのポイントを教えていただきました!
""
"" 美味しいものは肌にもいい!
"野菜と美"の プロに聞く美肌食
体の中からきれいにつながるケアが大切。
"ジュニア野菜ソムリエ"にして"ベジフルビューティー""食生活アドバイザー"の資格を持つ上田晴美さんに美肌食についてお伺いしました。
■お話を伺ったのは、野菜ソムリエ harumiこと上田晴美さん
野菜ソムリエ harumiこと上田晴美さん
"野菜&果物"のビタミンカラーや、それぞれがもつパワーやエネルギーに魅せられて『ジュニア野菜ソムリエ』を取得。さらに、食生活と美容に関してを追究し『食生活アドバイザー3級』『美容のための野菜果物学 べジフルビューティセルフアドバイザー』を取得。講座や様々なイベントなど幅広く活動中。ブログ「ベジフルインナービューティーを目指そう」で検索を!

美肌トレーニングおすすめ情報

媒体資料プライバシーポリシー
COPYRIGHT (株)西広AP ぐらんざ