九州国立博物館 「新・桃山展 大航海時代の日本美術」10月14日(土)〜11月26日(日)

Date:2017年09月20日13時01分 | Category:博物館・美術館 | Writer:ぐらんざ編集部
九州国立博物館 「新・桃山展 大航海時代の日本美術」
10月14日(土)〜11月26日(日)

信長・秀吉・家康の時代を彩った名宝が集結
激動の時代の文化交流を見つめなおす!



国宝 檜図屏風(左隻) 狩野永徳筆 
安土桃山時代1590年(天正18) 東京国立博物館 【展示期間:11/14〜11/26】


 大ヒットの映画シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』や人気アニメの『ワンピース』はいずれも海賊が主人公です。今、なぜ「海賊」がもてはやされるのでしょうか。

 『海賊がアジアの歴史を切り拓いた!』新・桃山展は、東アジアを跋扈した倭寇の活動から展示がスタートします。海賊というと荒くれ者というイメージですが、九州を拠点にしていた倭寇は外交も担っていたとも言われます。スペインやポルトガルの水先案内人となった倭寇がいたからこそ、鉄砲もキリスト教も九州にたどり着けたという訳です。鹿児島に上陸したフランシスコ・ザビエルの像やイタリア製古地球儀は、当時の文化交流の象徴と言えます。

 西欧知識の流入は、日本に新たな感覚を生み出しました。豪華絢爛な狩野永徳の屏風絵や長谷川等伯の水墨画などの名画も新・桃山展で鑑賞できます。そして数々の茶器が示すように茶道の確立もこの時代です。

 一方で、積極的な文化交流が一転して鎖国へと向かう激動の時代でもありました。肖像画の伊東マンショをはじめ、九州のキリシタン大名の名代としてローマに派遣された4人の少年使節の運命は、実に象徴的です。若桑みどりの歴史小説「クアトロ・ラガッツィ―天正少年使節と世界帝国」は、少年が体験したであろう当時を活き活きと描いています。大作ですが、時代背景を考える手がかりを与えてくれます。

 大航海時代に日本から海を渡ったもののひとつが、屏風(ビオンボ)です。日本初公開の「大洪水屏風」は、日本絵画が海外に与えた影響をうかがい知ることができます。

 九州国立博物館は「海の道、アジアの道」をテーマにしています。その意味でも今回の新・桃山展は、九博ならではの企画といえます。

 大海原に勇躍した海賊の時代を見つめなおしてはいかがでしょうか。


大洪水図屏風 中国(マカオ)17世紀末〜18世紀前半
メキシコ・ソウマヤ美術館,カルロス・スリム財団


繁竹治顕
元NHK記者。’93年全米オープンゴルフ、’94年リレハンメル冬季五輪、2000年シドニー五輪などを取材。福岡放送局広報事業部長、副局長。現在、九州国立博物館振興財団専務理事。西南学院大学非常勤講師(ジャーナリズム)



福岡近郊博物館・美術館9月〜のスケジュール

※( )内の料金は、特別・前売り・団体料金、詳細はお問合せください

九州国立博物館
新・桃山展
−大航海時代の日本美術−


10月14日(土)〜11月26日(日)
●一般 1,600(1,400)円
●高大生 1,000(800)円
●小中生 600(400)円
休館日/月曜日(ただし月曜日が祝日
の場合は開館、翌日休館)
☎050・5542・8600(ハローダイヤル)



出光美術館(門司)
京みやび
−仁清・乾山と色絵の競演−


〜10月22日(日)
●一般 700(500)円
●高大生 500(300)円
●中学生以下無料
休館日/月曜日(ただし10月9日(月・祝)
は開館)
☎093・332・0251



佐賀県立美術館
「特撮のDNA」展 怪獣の匠
日本が誇る怪獣キャラクター造形の歴史


9月29日(金)〜11月5日(日)
●一般・大学 1,200(1,000)円
●高校生 700(500)円
●小中生 500(300)円
休館日/月曜日(ただし10月9日
(月・祝)は開館、10日(火)休館)
☎0952・24・3947



熊本県立美術館
若冲と京の美術
細見コレクションの精華


〜11月12日(日)
●一般 1,000(800)円
●高大生 800(600)円
●中学生以下無料
休館日/月曜(ただし月曜日が祝日
の場合は開館、翌日休館)
☎096・352・2111





長崎県美術館
特別展 さだまさしの世界


10月6日(金)〜11月5日(日)
●一般 1,200(1,000)円
●大学・70歳以上 900(700)円
●高校生以下無料
休館日/10月10日(火)、23日(月)
☎095・833・2110