福岡市博物館 「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」7月8日(土)〜8月27日(日)

Date:2017年07月20日13時01分 | Category:博物館・美術館 | Writer:ぐらんざ編集部
福岡市博物館 「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」
7月8日(土)〜8月27日(日)

エジプトの至宝、
数千年の時を経て福岡市博物館に!


現代社会では様々なものや情報が氾濫しています。その中で数千年後に残っているのがあるとすればいったい何でしょうか。都市文明の象徴とも言える巨大なビルディングも、再開発が進む現状では百年後はわかりません。ビッグデータがもてはやされる情報化社会の急速な進展で、フロッピーディスクやビデオテープは瞬く間に消え去りました。

 こう考えると、古代エジプト文明は圧倒的な存在感を持っています。ツタンカーメンに並ぶ「アメンエムオペト王の黄金のマスク」は2千年の時を経ても輝きを失っていません。ピラミッド時代の女性を楽しませた色鮮やかな胸飾りや腕輪からは、人々の生活ぶりをうかがい知ることができます。「パン造りとビール造り職人の模型」は、今につながる食文明の原点です。

 ファラオの権力を示す巨大なピラミッドは、クレーンなどの重機のない時代にどのようにして作られたのか。テクノロジーが発達した現代でも大きな謎です。建設は数十年にわたって営々と続けられました。そのことは、天文学や数学など様々な知の領域の発展があっただけでなく、政治的・宗教的に安定していたことが背景といわれます。

 ピラミッドの謎を解明しようと、最近では、素粒子を使ってレントゲン写真のように内部の構造を透視する探査も進められています。最先端の科学技術が古代エジプト文明にどこまで迫れるのか。今後の調査の進展に期待がかかります

 多くの謎に包まれながらも、数千年の時を経て私たちの前に現れる古代文明の圧倒的な存在感をこの展覧会で体感してみては如何でしょうか。

 廣氏に代わって今回からこのコーナーを担当します。よろしくお願いします。


(上)クヌムト王女の襟飾り 中王国時代 
第12王朝 アメンエムハト2世の治世(前1911〜1877年頃)
※全て国立カイロ博物館所蔵

(左)アメンエムオペト王の黄金のマスク 第3中間期 
第21王朝 アメンエムオペト王の治世(前993〜984年頃)






繁竹治顕
元NHK記者。93年全米オープンゴルフ、94年リレハンメル冬季五輪、2000年シドニー五輪などを取材。福岡放送局広報事業部長、副局長。現在、九州国立博物館振興財団専務理事。西南学院大学非常勤講師(ジャーナリズム)



福岡近郊博物館・美術館7月〜のスケジュール
※( )内の料金は、特別・前売り・団体料金、詳細はお問合せください


九州国立博物館
世界遺産 ラスコー展

〜9月3日(日)
●一般  1,600(1,400)円
●高大生 1,000(800)円
●小中生 600(400)円
休館日/月曜日(ただし8月14日(月)
は開館)
☎050・5542・8600(ハローダイヤル)




福岡県立美術館
コレクション展
特集風景をとらえる

〜8月31日(木)
●一般 210(160)円
●高大生 140(100)円
●小中生 60(50)円
休館日/月曜日(ただし月曜が祝日の
場合は開館、翌平日休館)
☎092・715・3551




福岡市博物館
黄金のファラオと
大ピラミッド展

〜8月27日(日)
●一般 1,500(1,300)円
●高大生 900(700)円
●小中生 500(300)円
休館日/月曜日(ただし8月14日(月)
は開館、16日(水)は休館)
☎092・845・5011




九州歴史資料館
霊峰英彦山
−神仏と人と自然と−

8月5日(土)〜9月24日(日)
●一般 200(150)円
●高大生 150(100)円
●中学生以下、満65歳以上無料
※土曜日は高校生無料
休館日/月曜日(ただし月曜日が祝日
の場合は開館し、翌日休館)
☎0942・75・9575



久留米市美術館
没後20年 特別展
星野道夫の旅

8月5日(土)〜9月3日(日)
●一般 800(600)円
●65歳以上 600(400)円
●大学生 500(300)円
●高校生以下無料
休館日/月曜日(ただし8月14日(月)
は開館)☎0942・39・1131