九州国立博物館 「宗像・沖ノ島と大和朝廷」

Date:2016年12月20日13時01分 | Category:博物館・美術館 | Writer:ぐらんざ編集部
九州国立博物館 「宗像・沖ノ島と大和朝廷」
1月1日(日・祝)〜3月5日(日)


“世界遺産登録を”九博も新春沖ノ島展で後押し
“むなかた応援大使”浅野瑞穂も天女の舞で応援



(右)国宝 金銅製龍頭 福岡県宗像市・沖ノ島5号遺跡 飛鳥−奈良時代7−8世紀 宗像大社
  【展示期間:1月1日(日・祝)〜1月29日(日)】
(左)国宝 金製指輪 福岡県宗像市・沖ノ島7号遺跡 古墳時代5-6世紀 宗像大社
  【展示期間:1月31日(火)〜3月5日(日)】



「神宿る島」沖ノ島は2017年のユネスコの世界遺産に登録されるかどうか、世間の大きな注目を集めています。
 何故なら「女人禁制の島」として古代からの厳格な風習が守られ、一般人の立ち入りは禁止され、年一回限られた人だけに上陸が許可されますが、それとて島で見たり聞いたりした事は、今でも一切口外してはならない「不言様(おいわずさま)」との神の縛りで神秘のベールに包まれており、果たして世界遺産の国際基準に合致するだろうかと、地元もやきもきしているからです。
 8万点にも上る沖ノ島の国宝は、宗像大社にその一部が常時展示されていますが、九博ではこの正月から「宗像・沖ノ島と大和朝廷」と銘打って、沖ノ島選りすぐりの国宝26件と、奈良から大和の国宝5件・重文19件等合わせて160件650点もの出品で特別展を開き、地元からの世界遺産登録に向けての後押しをする事にしています。
 沖ノ島は日本史の謎の時代と言われる古墳時代、日本最古の歴史書で神話の世界を綴った「古事記」「日本書紀」の記述だけでなく、発掘調査によっても明らかになってきた日本各地の出土品を交差させると、そこに大陸との交流の窓口として果たして来た日本古来の“神まつり”の姿が浮かび上がってくるのです。
 今回のみどころは日本の統治の型が、初めて大和朝廷に収斂されていく過程で、沖ノ島が連携して如何に重要な役割を果たしたかを探る大胆な試みです。
 その一つが沖ノ島の国宝を象徴する黄金の指輪の流れを検証することにあり、韓国の新羅王の指輪など日韓の指輪18点もが史上初めて一堂に会し、謎の古墳時代解明に九博が果敢に挑戦しているところにあるのです。
 又1月15日(日)には九博財団主催で、13時30分から九博ミュージアムホールで、“天女の舞”の第一人者で、日本各地の神社に舞を奉納している東京の浅野瑞穂さんが、「むなかた応援大使」第一号の肩書きで、沖ノ島の世界遺産推薦の舞を、再び披露する事にしています。
 新春の九博で見逃せない神秘な舞となることでしょう。


天女の舞(浅野瑞穂)

廣靖邦(ジャーナリスト)
元RKB報道局長。ソウル特派員中海外の文化、歴史に目覚める。これまで50カ国余・16万キロをレンタカーで回り、各地の風土、文化を観察し博物館、美術館等を歴訪。現在西南学院大学マスメディア実践論講師、西日本文化協会評議員、九州経済フォーラム理事、九州観光推進機構運営協議委員、九州日中文化協会理事長、モンゴル友好協会理事、九州国立博物館振興財団専務理事等。



福岡近郊博物館・美術館1月〜のスケジュール
※( )内の料金は、特別・前売り・団体料金、詳細はお問合せください

九州国立博物館
宗像・沖ノ島と大和朝廷


1月1日(日・祝)〜3月5日(日)
●一般 1,500(1,300)円
●高大生 1,000(800)円
●小中生 600(400)円
休館日/月曜日(ただし1月2日(月)、
9日(月)は開館、10日(火)は休館)
☎050・5542・8600(ハローダイヤル)







福岡アジア美術館
篠山紀信展 写真力
THE PEOPLE by KISHIN


〜2月12日(日)
●一般 1,100(1,000)円
●高大生 900(800)円
●小中生 500(400)円
休館日/水曜日、年末年始
(12月26日(月)〜1月1日(日・祝))
☎092・715・6071



佐賀県立九州陶磁文化館
日本磁器の源流


〜1月15日(日)
●入館 無料
休館日/月曜日(ただし1月2日(月)、
9日(月)は開館)、
年末 (12月29日(木)〜31日(土))
☎0955・43・3681









長崎県美術館
デンマーク・デザイン


12月23日(金・祝)〜2月12日(日)
●一般 1,200(1,000)円
●大学・70歳以上 900(700)円
●高校生 700(500)円
●中学生以下 無料
休館日/12月26日(月)、29日(木)〜
1月1日(日・祝)、10日(火)、23日(月)
☎095・833・2110






長崎歴史文化博物館
没後150年 坂本龍馬


〜2月5日(日)
●一般 1,200(1,000)円
●中高生 700(500)円
●小学生以下 無料
休室日/12月29日(木)、
1月12日(木)、26日(木)
☎095・818・8366