雛めぐりと湯めぐりの旅『佐賀市』

Date:2014年02月28日09時30分 | Category:旅行 | Writer:ぐらんざ編集部
雛めぐりと湯めぐりの旅『佐賀市』 【〜3月23日(日)】


次郎左衛門雛(筆姫から伊都子へ譲渡)世田谷美術館所蔵 六世・中村歌右衛門コレクション/今回特別展示されるこの一対の雛は、雛屋から独立した初代・永徳斎の渾身の作品。徴古館(ちょうこかん)にて展示。

鍋島家伝来の雛人形を九州初公開

春の訪れを告げる、雛祭り。毎年、どこの雛祭りへ出かけようか楽しみにしている人も多いのでは?そんな人に、足を運んでもらいたいのが「佐賀城下ひなまつり」。町の至るところで、実に多彩な雛人形がお披露目される。なかでも見所は、「徴古館(ちょうこかん)」で展示される、梨本宮伊都子妃の雛人形。東京以外では今回が初公開となる。

 旧11代佐賀藩主鍋島直大の娘である伊都子は、明治33年に梨本宮家に嫁ぎ、宮妃となる。そんな彼女が大切にしていたのが、祖母・筆姫から譲り受けたこの次郎左衛門雛だ。丸顔で柔らかな表情の雛を見ていると、あたたかな気持ちが溢れ、祖母が孫娘を想う心がこちらまで伝わってくるようだ。


伝統工芸の技ひかる、雛祭り

 「佐賀城下ひなまつり」のもう一つの見所は、伝統工芸の衣装をまとった雛たち。例えば旧福田家の雛は熟練の職人でも一日に数センチしか織ることができない佐賀錦をまとい、糸に使われた金・銀・漆・プラチナがなんとも煌びやかな光を放つ。旧古賀家の雛は、佐賀藩ゆかりの文様「鍋島小紋」の着物と、愛らしいふっくらとしたお顔が特徴だ。歴史と伝統に裏うちされた雛たちの美しさに心まで春めく。



佐賀錦の雛/経糸(たていと)に金・銀・漆・プラチナを、緯糸(よこいと)に色鮮やかに染色した絹糸を用いている。
近代和風建築の旧福田家で展示。



鍋島小紋の雛/佐賀藩の裃の文様である鍋島小紋の着物を着た雛。
会場を彩るお花とのコラボレーションも見物。旧古賀家で展示。



鍋島緞通で飾るひなまつり/かつては将軍に献上されていた和製絨毯「鍋島緞通」。期間中はその鍋島緞通の上でお茶を頂きながら、雛飾りを鑑賞することができる。旧三省銀行で展示。



ひなまつり期間限定のグルメやスィーツも


 .フェ浪漫座/期間限定の洋風プチ懐石。色々な種類を少しずつ楽しめるから女性に嬉しい。
◆“鄙按明臘癲神茶体験セットは500円。ほか、嬉野茶の抹茶ロールケーキも。



雛めぐりでお腹が空いたら、「カフェ浪漫座」へ。大正ロマン風のレトロな洋館・旧古賀銀行内のこのお店では、ひなまつり期間限定の洋風プチ懐石セットや、佐賀ご当地グルメ“シシリアンライス”をご用意。また、肥前通仙亭では、嬉野茶・有田焼を使っての本格煎茶体験もできる。佐賀銘菓もセットになっているからおやつにぴったりだ。そのほかにも佐賀のおいしさを味わえるスポットが充実。


体を芯から温める、古湯・熊の川温泉へ


古湯・熊の川温泉/ひなまつり会場から車で約30分。佐賀駅からの路線バスもある。


雛祭りをたっぷり楽しんだら、帰りは古湯・熊の川温泉に立ち寄って日頃の疲れを癒してはいかがだろう。38度前後のぬるめのお湯が、体の内側からゆっくりと、そしてしっかりと温めてくれる。体温に近い湯温で体への負担が少ないというのも、嬉しいポイントだ。お湯につかっていると気付くのが、湯のぬめり。肌をしっとり包み込むアルカリ性の泉質で、乾燥しがちな肌もモチモチに。古湯温泉は神経痛、関節痛に、熊の川温泉は高血圧症や痛風に効果あり。冬の寒さに体がこたえたという人には、この温泉で体を労わってもらいたい。

両温泉は日帰りでももちろん楽しめるが、時間が許すのであれば是非ゆったり一泊されるのをおすすめする。それというのも、古湯・熊の川温泉のお楽しみは温泉だけにあらず、舌の肥えた人をもうならせる食事と日本酒を堪能できるから。佐賀の酒と言えば、今や全国のコンクールで特賞を獲るなど、全国的にも名酒として知られている。そして旅館ごとに趣向をこらした料理…。
艶やかな雛人形を愛で、温泉と美食・名酒に酔いしれる。あぁ、なんと贅沢な旅であろうか。福岡からほど近い佐賀だからこそ、そんな旅も気軽に行ける。さぁ、出掛けよう!


◎観光ガイド
佐賀城下ひなまつり
http://www.sagabai.com/main/844.html
・開催期間/〜3月23日(日)
・開催時間/10:00〜17:00
・会場/徴古館・佐賀市歴史民俗館など佐賀市街地や佐賀城本丸歴史館でも開催
・料金/共通券600円 ※小学生以下は無料
周辺MAPや各会場詳細を掲載したパンフレットは観光案内所(JR佐賀駅構内)などで配布。

◎お問合せ
【佐賀城下ひなまつり】
佐賀城下ひなまつり実行委員会(佐賀市観光協会内)
〒840-0826 佐賀市白山2-7-1 エスプラッツ2F  
TEL/0952-20-2200

【古湯・熊の川温泉】
富士町観光案内所
〒840-0501 佐賀市富士町大字古湯2665-2
TEL/0952-51-8126

◎アクセス
【佐賀城下ひなまつり】
●車でお越しの場合
太宰府ICから九州自動車道で30分、佐賀大和ICで下車後、佐賀市街地方面へ20分
●JRでお越しの場合
博多駅から佐賀駅まで特急で40分
●高速バスでお越しの場合
天神バスセンターから佐賀駅バスセンターまで1時間16分

※期間中の土・日・祝日は佐賀駅より会場周辺への周遊バスを運行