対馬のアンテナショップ「よりあい処つしま」

Date:2013年09月29日11時14分 | Category:グルメ | Writer:ぐらんざ編集部
対馬のアンテナショップ「よりあい処つしま」
博多駅前に11月22日(金)グランドオープン!





 大陸文化の入り口として古代から現代まで外国との文化的・経済的交流の窓口になってきた「対馬」。新鮮な海産物だけでなく、そば、はちみつ、しいたけなど対馬の自然が育む独特の“美味しい食材”があふれているのは意外に知られていない。

 しかし、この秋、魅力いっぱいの対馬のアンテナショップ「よりあい処つしま」が福岡に誕生!自慢の名産品がならぶ物販コーナーや豊富な食材を生かした飲食コーナーなど対馬が心からおすすめしたいコト、モノがギュッと凝縮された、話題の新スポットで対馬の魅力を感じてみてはいかがだろうか。

これぞ対馬の食!旬の味覚を味わう

 秋冬と魚が美味しい季節を迎える対馬。アマダイ、ブリ、ヨコワ、サバなどがこれから旬を迎える。
 また、原種に近いといわれる対州そば、ニホンミツバチが集めた蜂蜜、原木しいたけなど里山の幸も収穫のシーズンを迎える。「よりあい処つしま」ではこれらの食材を使った対馬ならではの料理を楽しむ事ができる。

移築・再現される築130年の古民家

 さらに注目なのは、対馬から移築・再現される古民家のアンテナショップであること。博多駅すぐのオフィス街に、築130年にもなる古民家の材を使って建築し、囲炉裏なども再現される。現在は、移築する古材の修復作業などが終わり、博多への古民家移築作業の真っ只中だ。店内は、大黒柱・梁・床板など古民家の佇まいそのままに、懐かしさを感じさせてくれる空間。「田舎に帰りたい」「のんびり寛ぎたい」そう思ったときにすぐ立ち寄れるのはとてもうれしい。

田舎に帰ったように温かいひとときを

 「対馬だけでなく他県に田舎をもつ人が懐かしいと感じる場所にしたい」と対馬市福岡事務所の平山所長。対馬の出身者やゆかりのある人だけではなく、多くの人が寄り合う一風変わったアンテナショップの完成が待ち遠しい。気になる古民家移築の様子や最新情報は「よりあい処つしま」のフェイスブックページにて日々更新中。是非チェックしてほしい。

「よりあい処つしま」店内イメージ


対馬から移築される築130年の古民家


対馬の郷土料理「いりやき」




https://www.facebook.com/yoriaidokorotsushima


【店 舗 情 報】
よりあい処つしま
オープン:11月22日(金)
場所:福岡市博多区博多駅前2-12-26
席数:20席程度

問い合わせ先/対馬市福岡事務所 TEL:092-481-6411
対馬観光物産協会 TEL:0920-52-1566
ホームページ http://www.tsushima-net.org/

【イベント情報】
対馬アートファンタジア2013
期間:10月5日(土)〜11月24日(日)
会場:厳原町(半井桃水館、有明荘など)、峰町(御前浜園地藻小屋、永留家旧宅など)、上対馬町(上対馬総合センター)
内容:日本、韓国、中国、アメリカ、ドイツの作家が協働で開催するアートイベントです。
お問合せ:対馬市観光物産推進本部 0920-53-6111(代)